ねこいえ米子

星になった子


私たちと出会った後、本当の家族ができるまでに、治療や手当の甲斐なく 星になってしまった子たちの記録です。
このページに、そんな子たちがこの世に生きていた証を残します。

「きっとまた どこかで出会える日があると信じているよ ・・・。空から見守っていてね。」





**** 以下は2018年3月以前に米子犬猫net猫班で出会ったはかない小さい命たち ****


だいちゃん

2017/12/13 虹の橋をわたりました。
11月、メンバーが大山の知り合いから預かった2匹の小さな仔猫。
だいちゃん・せんちゃんと名付けました。
きょうだい猫のせんちゃんといつも一緒!
仲良く元気に成長していました。
亡くなる当日、突然様態が悪くなり、あっという間に虹の橋を渡ってしまいました。
この世に命をもらうこと、そして元気に成長できることの奇跡をあらためて私たちに教えてくれただいちゃんでした。
ありがとう!だいちゃん。
虹の橋の向こうできょうだい猫のせんちゃんの事を見守っていてね。




みぃみぃちゃん 

2017/04/21 虹の橋をわたりました。
ミルクも哺乳瓶から少しずつ飲めるようになり、
どんなにかわいく育つのかと楽しみにしていましが、
亡くなる前日から徐々にミルクを飲まなくなりました。
なんとか元気を取り戻して!と祈りましたが、
湯たんぽで温めたベットの中で短い一生を終えました。
2週間足らずの短い命でした。
名前もまだない赤ちゃんだったので、
危ないのではと思った朝、生きていた証に名前を付けました。
「みぃみぃ、また産まれてくることがあったら、
今度は捨てられるという悲しい現実のない幸せな一生であってね!」



せん太くん 

2016/09/14 虹の橋をわたりました。
蒜山から来たミルク飲み猫のせん太くんが短い一生を終えました。
昨日からおしっこがほとんど出なくなり、昨夜と今日、動物病院で処置をして頂きましたが、
腎臓がうまく機能しておらず腹水がたまり、小さな命が消えてしまいました。
離乳までは元気に育てるのが本当に難しいです。
数日間でしたが、せん太くんは名前を付けてもらい、最初小屋で発見されたHさんやミルク猫ボランティアのKさんに優しくしてもらうためにこの世に生まれて来たのでしょうね。
バイバイ!今度は元気な体に生まれてきてね。



たらちゃん

2015/05/14 虹の橋をわたりました。
公園に捨てられていたのを助けられた3きょうだいのうちの一匹です。
まだへその緒がついており生まれて間もないようでした。
たらちゃんはミルクもたくさん飲み、きょうだいの中では一番大きく元気のある子でしたが、 2週齢に入り軟便が続き、あっという間にお星さまになってしまいました。
預かりボランティアさんにたくさん愛情をかけてもらいました。
大きく育ててあげることが出来ずごめんね。
色々なことを私たちに教えてくれました。
ありがとうたらちゃん!



もねちゃん  

2013/05/18
虹の橋をわたって星になった小さな小さなもねちゃん。
一生懸命 生きようとがんばったね。
いつまでもいつまでも忘れないよ。

野良猫が倉庫で4匹の赤ちゃんをうんだと連絡がありました。
生後2週目に母猫が飼育放棄したので保護しましたが、この子だけ母乳を飲む力がなかったのか体重も少なく、とても弱っていました。
ミルクを与えてもほとんど飲めず、次の朝を迎えることができませんでした。